【意外!】イケメン俳優・神尾楓珠、熱愛認めるも「合コン三昧」!?


神尾楓珠、林田真尋と交際も「合コン三昧」!? 「文春」認める“宣言”に「意外」とマスコミ関係


(出典 orange-magazine.com)


おとなしそうに見えて、わからないものだわっ。それにしても、きれいな顔してるわーっ
あなた、こういう顔も好きだもんね。

そうなのよー、きれいな男性はホント好き♡目の保養ねっ
そうだよねー。毎日、その顔を鏡で見てたら、たくさん保養しないとねー。

ワレっー、どういう意味じゃ!オンドリャー!いてもーたろかっ!
そういう使い方をするから、関西弁が悪く思われるんじゃないかな?
せやねん!昨日も、ドラマの一番悪役がなぜか関西弁やねん!また、その関西弁がヘッタくそやねん!腹立つわーっ

関係ない話になってきたから、そろそろおイトマするわ。さよなら。
あーっ!コラーっ、逃げるんかい!

俳優・神尾楓珠と元フェアリーズ・林田真尋の熱愛をニュースサイト「文春オンライン」がスクープ。神尾は所属事務所・エーチームを通じて、交際を認めるコメントを出しているものの、“インドア派”と報じられた点については、彼を知る一部の人から“異議”が出ているという。


 神尾、林田ともに同年代の人気急上昇タレントということで、ネット上でも今回の交際報道は、前向きに捉えられているようだ。「文春」によると、2人は双方の自宅を行き来する仲で、交際に発展したのは今年の春頃とされている。


「神尾はドラマ『アンナチュラル』(TBS系)『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)など話題作への出演が続いていて、俳優として今後さらなる飛翔が期待されています。それだけに、交際報道を“誤魔化す”という選択肢もあったはずなのに、それをしなかったのは、関係者の間でも意外に思われているようです」(スポーツ紙記者)



 記事内では両者の共通点について“インドア派”と紹介されているが、これに一部女性タレント界隈から“異議”が唱えられているようだ。


「神尾くんのイメージは、どちらかと言えばフットワークが軽く、夜の街では“飲み系男子”として有名ですよ。まだそこまで顔と名前が売れてないからか、芸能関係者との合コンに日々励んでいて、このコロナ禍でも、タレント仲間で飲み会を開いていたとか」(現役女性モデル)


 また、林田との交際がスタートしてからも、飲み歩きの生活は続いているという証言も。


「つい先日も、女性芸能人を何人か集めて飲み会をやっていましたよ。林田さんともそうやって知り合ったんでしょうか。交際宣言をした以上、もうこうやって遊ぶことはしないということなのかもしれませんけど」(同)


 一方の林田にしても、一部では「ジャニーズオタク」として有名だという。そんな2人の交際については、「彼女も肉食系のようですし、2人はある意味、お似合いのカップルと言えるのでは」(同)との声も。


 今回の熱愛報道で、両者の存在が大きくクローズアップされただけに、特に神尾は今後、私生活面における“意識改善”が必要になるかもしれない。

2020/11/25 10:20
(出典:サイゾーウーマン編集部)




元フェアリーズ林田真尋、神尾楓珠と熱愛報道 現在は女優として活躍<略歴>

モデルプレス=2020/11/23】元フェアリーズのメンバーで女優の林田真尋(はやしだ・まひろ/22)が俳優の神尾楓珠(かみお・ふうじゅ/21)と交際していることが23日、一部で報じられた。ここでは林田の略歴をまとめる。

【写真】元フェアリーズ林田真尋ってどんな子?

◆元フェアリーズ林田真尋とは

林田は1998年5月7日生まれ、兵庫県出身。2011年フェアリーズとしてメジャーデビュー。同年第53回日本レコード大賞最優秀新人賞受賞した。2017年にはファースト写真集「MH507」をリリース

約9年間活動したが、2020年6月にグループとしての活動を終了。

所属事務所との契約も終了し、個人で活動をスタート。今月26日から東京・中野ザ・ポケットで上演される舞台「オールメイド」に出演予定。

◆神尾楓珠&林田真尋に熱愛報道

モデルプレスの取材に対し、神尾の所属事務所は「良いお付き合いをさせていただいていると聞いております」とコメント。交際の事実を認めた。

報道によると、今年の春頃に交際がスタート。神尾のマンションに林田が出入りする様子などが報じられている。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

林田真尋 (C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)

神尾 楓珠(かみお ふうじゅ、1999年1月21日 - )は、日本の俳優。東京都出身。A-team所属。 伊藤英明に憧れ、俳優の仕事に興味を持つ。高校のサッカー部を退部したことがきっかけとなり、一念発起して伊藤が所属していた今の事務所のオーディションに応募し、合格した。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)



(出典 bunshun.ismcdn.jp)

no title

no title

no title

no title

no title